公園・散歩

生麦事件

This post is also available in: esEspañol (スペイン語)

生麦事件は、1862年8月21日に生麦で起きた事件です。江戸に来ていた薩摩藩主の父・島津久光が400名の藩士を従え、高輪の藩邸を発って京都に向かう途中、午後2時頃生麦に差しかかったところ、川崎大師・江戸を見物に行く英国商人リチャードソン他3名(1名は女性)が、騎乗のまま7メートルの道幅いっぱいに進んでくる行列の中に入り込んでしまいました。無礼に怒った護衛の藩士が英国人に斬りつけました。重症のリチャードソンは、700メートル先で落馬し、藩士が止めを刺して絶命しました。他の男性2名は、傷を負いながら馬で神奈川宿にあるアメリカ領事館へ助けを求めました。女性は、無事に横浜の居留地に逃げ帰りました。

事件の前日、神奈川奉行所から、横浜の各領事館に通達があり、「明日、島津久光が、当所を通過する。島津家家中の武士は手荒ゆえ、間違いが無きよう、門外遊歩の儀は、硬く禁ぜられたし」の旨、知らされていました。

一行4人は、前日の通達で薩摩藩の行列が通過するのを承知していながら馬で東海道に出ていきました。

英国側は、幕府と薩摩藩に犯人の極刑と賠償を要求しました。幕府は、戦争を恐れて10万ポンド(約28万両)の賠償に応じましたが、薩摩藩は、犯人の引き渡しと賠償を拒否しました。英国は、翌年の7月に鹿児島湾に艦隊を派遣し、薩英戦争になりました。その結果、外国武力の威力を知って攘夷の考え方を捨てました。

そんな歴史のある場所を今の時代に残すために、生麦事件の碑は、人々の手によって守られています。

 

〈生麦事件碑〉

 

また、当時の大名行列の様子は浮世絵で偲ぶことができます。

〈大名行列錦絵 東海道・生麦〉

 

〈生麦事件発生現場 看板〉

 

〈生麦事件参考館 案内図〉

 

 

MOMO'S

MOMO'S

投稿者の記事一覧

男4人と女1人のバランスの悪いチーム構成ですが、みんな楽しく鶴見区内を散歩しています!
名所へ行ったり、体を動かすこと、癒すことが好きなので温泉に行ったり、神社に行ったりします!
とにかく楽しく鶴見を紹介します!

メンバー:浦上、木下、塩沢、市川、小宮山(柳田ゼミ14期生)

関連記事

  1. 海芝浦駅&海芝公園
  2. 三ッ池公園に行ってきました
  3. つばさ橋の夜景
  4. 三ツ池公園
  5. 鶴見ウチナー祭
  6. 大黒ふ頭をドライブ♪
  7. 覇王樹(さぼてん)茶屋跡
  8. 【イベント】旧東海道ウォーク

Map

Pick Up

PAGE TOP